はるとける(はるとける・なつざかる・Fake再録)

はるとける(はるとける・なつざかる・Fake再録)

8/11 コミックマーケット92 燭さに 再販+再編「はるとける」サンプル 燭さにで発行していた「はるとける」「なつざかる」あとおまけの短編だった「Fake」の3本を、後半戦の発行に先行して再販することにしました。かたくなで意固地なコミュ障ぎみの創作女審神者と、彼女に顕現された燭台切の出会いと恋の始まりあたりのお話です。前半戦のこの本は「お付き合いするまでの難しさ」、秋に予定の後半戦は「お付き合いした後の難しさ」です。なんにせよ人間初心者の刀には恋は難しいもんと思う。 文庫/140P/850円 雰囲気:一般文芸よせ、恋愛ものですがイチャイチャはしません 文体:固めのエンタメよせ 【あらすじ/はるとける】  審神者の召喚に応えて顕現した燭台切。審神者はどこか冷たくよそよそしいが、迎えた初陣で深い傷を負った燭台切が戦力強化のため鍛刀を進めるよう提案すると、審神者は強い拒絶を示す。 「喚べば来る? それが何だと言うの燭台切? それにそれは別の刀よ。あの子じゃないわ。」  顕現した春の蕩々とした日々、鍛刀を怖がる審神者と燭台切がほんの少し打ち解けてゆく、そんなお話です。 ★全文 公開しています → 【https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8519780】 【あらすじ/なつざかる】 練度があがり夜戦が続く日々、出陣の機会が減って憂鬱に過ごしている燭台切だが、審神者の護衛として現世へ向かう。初めて見る素地の彼女に次第に同情を覚えるが、突然出現した敵に審神者を見失う。  秘密とは、共犯者になるということ。  お互いにしか合わない鍵を持つこと。  二人だけの果実を食べるということ。 「歌仙君にも、長谷部君にも、そう言ったの? でもこれは誰にも言う必要は無いよ──秘密」 【Fake】 もともとおまけだったので、このページで全文乗っけておきます。 時系列としてなつざかるの後ですので、少し分かりにくいかもしれないですが。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8520174

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

8/11 コミックマーケット92 燭さに 再販+再編「はるとける」サンプル 燭さにで発行していた「はるとける」「なつざかる」あとおまけの短編だった「Fake」の3本を、後半戦の発行に先行して再販することにしました。かたくなで意固地なコミュ障ぎみの創作女審神者と、彼女に顕現された燭台切の出会いと恋の始まりあたりのお話です。前半戦のこの本は「お付き合いするまでの難しさ」、秋に予定の後半戦は「お付き合いした後の難しさ」です。なんにせよ人間初心者の刀には恋は難しいもんと思う。 文庫/140P/850円 雰囲気:一般文芸よせ、恋愛ものですがイチャイチャはしません 文体:固めのエンタメよせ 【あらすじ/はるとける】  審神者の召喚に応えて顕現した燭台切。審神者はどこか冷たくよそよそしいが、迎えた初陣で深い傷を負った燭台切が戦力強化のため鍛刀を進めるよう提案すると、審神者は強い拒絶を示す。 「喚べば来る? それが何だと言うの燭台切? それにそれは別の刀よ。あの子じゃないわ。」  顕現した春の蕩々とした日々、鍛刀を怖がる審神者と燭台切がほんの少し打ち解けてゆく、そんなお話です。 ★全文 公開しています → 【https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8519780】 【あらすじ/なつざかる】 練度があがり夜戦が続く日々、出陣の機会が減って憂鬱に過ごしている燭台切だが、審神者の護衛として現世へ向かう。初めて見る素地の彼女に次第に同情を覚えるが、突然出現した敵に審神者を見失う。  秘密とは、共犯者になるということ。  お互いにしか合わない鍵を持つこと。  二人だけの果実を食べるということ。 「歌仙君にも、長谷部君にも、そう言ったの? でもこれは誰にも言う必要は無いよ──秘密」 【Fake】 もともとおまけだったので、このページで全文乗っけておきます。 時系列としてなつざかるの後ですので、少し分かりにくいかもしれないですが。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8520174